交通事故による腰の痛みは豊橋交通事故治療センターへ

2017-04-27

こんにちは。谷山です。

 

交通事故後の痛みと言えばむちうちというイメージが強いですが、頸部と一緒に起こりやすいのが腰痛です。

シートベルトで固定されていない頚部を傷める可能性が一番高いのですが、後方または側方からの追突により身体を不意に捻ってしまったり、衝撃に耐えようと身体が力んだ瞬間に筋線維を痛めて、腰痛を起こす場合も非常に多く起こります。

 

交通事故後は精神が興奮状態にあり、脳が体全体の痛みを和らげようと「エンドルフィン」などの脳内鎮痛物質を放出し、体の痛みを抑えます。

それにより「事故後の初期は首しか痛くなかったけど、段々腰が痛くなってきた」ということがあります。

 

交通事故後の治療にかかる際は、「少し気になる程度」や「重たい感じ」という『言わなくていいくらいの痛み』こそ治療をする必要があります。

 

豊橋交通事故治療センターでは、交通事故患者様特有の症状でお悩みの方に対応できるよう交通事故専門スタッフを配置しております。

交通事故の患者様は優先的にご案内致しますので、待ち時間も少なく施術を受けられます。

施術スタッフは国家資格を取得した、経験豊富なスタッフが対応いたしますので安心して施術を受けて頂けます。

豊橋交通事故治療センターでは、電話またはメールにて随時無料相談を行っております。

交通事故でお困りの方はお気軽にご連絡くださいませ。

 

豊橋交通事故治療センター byみかも鍼灸接骨院

豊橋市西小池町23(100円ショップ Seria駐車場内)

TEL:0532-37-8915

E-mail:mikamonmon@tees.jp

Copyright(c) 2015 豊橋交通事故治療センター All Rights Reserved.