交通事故後のCRPSは豊橋交通事故治療センターにお任せください

2017-06-16

こんにちは。谷山です。

 

CRPSは、現在のところ確立された治療法はありません。

症状は患者さんによって様々であるため、痛みの軽減を意識しつつも、それぞれの患者さんにあった治療を選択していくことが重要です。また、早期に治療を始めることで回復が良好になるといわれています。

 

薬物療法

鎮痛剤として非ステロイド性抗炎症薬オピオイドが使用されます。また、状況に応じて、補助薬として三環系抗うつ薬抗てんかん薬などの向精神薬を処方する場合もあります。

 

理学療法/リハビリテーション

もとの外傷の影響や痛みが出ていると、体を動かすことが少なくなります。動かさないことで関節が固まってしまったり、骨がもろくなってしまい、さらに痛みの原因になることがあります。リハビリによって、「動かす」という機能の回復を目指します。

 

ブロック注射

神経やその周辺に局所麻酔を注射する方法です。痛みが強くてリハビリが出来ない場合は、ブロック注射などで痛みを和らげてから行います。ブロック注射の治療を単独で行った場合の「痛み止め」としての効果は、科学的な裏付けは定かではないようですが、リハビリなどのその他の治療方法と食わせることで一定の有効性があるとの見方が有力です。

 

豊橋交通事故治療センターでは、交通事故患者様特有の症状でお悩みの方に対応できるよう交通事故専門スタッフを配置しております。

交通事故の患者様は優先的にご案内致しますので、待ち時間も少なく施術を受けられます。

施術スタッフは国家資格を取得した、経験豊富なスタッフが対応いたしますので安心して施術を受けて頂けます。

豊橋交通事故治療センターでは、電話またはメールにて随時無料相談を行っております。

交通事故でお困りの方はお気軽にご連絡くださいませ。

 

豊橋交通事故治療センター byみかも鍼灸接骨院

豊橋市西小池町23(100円ショップ Seria駐車場内)

TEL:0532-37-8915

E-mail:mikamonmon@tees.jp

 

Copyright(c) 2015 豊橋交通事故治療センター All Rights Reserved.