豊橋交通事故 CRPSでお悩みの方は豊橋交通事故治療センターへ

2017-06-13

こんにちは。谷山です。

 

複合性局所疼痛症候群CRPS)は2つのタイプに分類されます。

CRPS I型

骨折や外傷、手術など(通常は手や足に多い)のあとに続く痛みとして見られます。神経の損傷はみられず、症状として自律神経系の症状が強く出る傾向があります。

挫滅損傷(強い圧迫により筋肉や体の内側にある組織が潰れてしまった状態)がある場合に最もよくみられます。また、急性心筋梗塞,脳卒中,癌(肺,乳房,卵巣など)に続いて見られることもあるようです。Ⅰ型に分類されるものの中でも約10%は原因不明とされています。

 

CRPS II型

I型とよく似てはいますが,末梢神経に明らかな損傷が認められるものをⅡ型とします。

坐骨神経、脛骨神経、腕神経叢、正中神経、尺骨神経などが部分的に損傷することで見られることの多いタイプです。しかし、損傷した部分とは関係のない場所に痛みが出ることもあります。

 

豊橋交通事故治療センターでは、交通事故患者様特有の症状でお悩みの方に対応できるよう交通事故専門スタッフを配置しております。

交通事故の患者様は優先的にご案内致しますので、待ち時間も少なく施術を受けられます。

施術スタッフは国家資格を取得した、経験豊富なスタッフが対応いたしますので安心して施術を受けて頂けます。

豊橋交通事故治療センターでは、電話またはメールにて随時無料相談を行っております。

交通事故でお困りの方はお気軽にご連絡くださいませ。

 

豊橋交通事故治療センター byみかも鍼灸接骨院

豊橋市西小池町23(100円ショップ Seria駐車場内)

TEL:0532-37-8915

E-mail:mikamonmon@tees.jp

Copyright(c) 2015 豊橋交通事故治療センター All Rights Reserved.