妊娠中の交通事故治療

妊娠中の方へ

妊娠中に交通事故に遭ってしまった場合、ケガの治療にいくつかの制限が出てきます。

1.妊娠中のため、レントゲンを撮ることができません
(救急搬送の際には緊急性を考慮しやむを得ず検査を実施する事があります)

2. 吐き気などを伴う症状が「つわり」によるものなのか、むち打ち症などのケガによるものなのか判別がつきにくくなります。

3. 検査や受けられる治療、内服薬が胎児に悪影響を与える可能性がある為、投薬が制限されてしまいます。

このような時には、豊橋交通事故治療センターへとご相談ください。

鍼灸接骨院である当院では、妊娠中、または妊娠の可能性がある方へ手技を中心とした施術を行うことができます。

また、必要に応じて、副作用のない鍼治療で症状の緩和を行うことも可能です。

いずれの場合も、お腹の赤ちゃんや母体への負担はほとんどありませんので、ご安心ください。

愛知県豊橋市は全国的にも交通事故の発生が多い地域です。
従いまして、妊娠中に事故の被害に遭ってしまうケースも必然的に多くなっています。

少しでも妊娠の可能性がある場合は、受診時に必ず医療関係者へ申し出て、適切な治療を受けられるようにしましょう。

大きな事故の場合では、意識が無いまま搬送されるような場合もありますので、分かりやすい場所へマタニティーマークを掲示しておくことも大切です。

 

妊娠中に交通事故に遭われた方へ

豊橋交通事故治療センターへ通院中の患者さまの中には、妊娠中の交通事故により、むち打ち症に悩まれている方が多くいらっしゃいます。

妊娠中の治療は非常にデリケートです。
整形外科では、妊娠中の患者さまへの交通事故治療には前向きでない医院も多く、湿布薬や投薬などの処方も安全に留意し行われないケースが多々あります。

そのため、満足な治療を受けられず、痛みや症状を我慢している方が多くいらっしゃるのが現実です。

そうでなくとも妊娠中は様々なつらい症状に悩まされることが多いものです。

当院では、妊娠中の方だからこそ、手技を中心とした母体に負担の少ないソフトな施術を行い、症状の改善を図っていきたいと考えます。

出産の日までできるだけ楽に、安心した妊娠生活を送るためにも 是非一度ご相談ください。

また、豊橋交通事故治療センターでの施術をご希望の方は、担当の産婦人科医と保険会社へ、当院の名前をお伝えください。

当院では、非常にソフトな施術を行うため、赤ちゃんや母体に害になるということは考えにくいですが、念のため担当の産婦人科医へ報告しておくことをお願いしております。

お急ぎの際には、保険会社への連絡は後日でも構いません。

その他、何かご不明な点がございましたら、交通事故専門のスタッフへとお気軽にご相談ください。

 

お問い合わせ・無料相談
Copyright(c) 2015 豊橋交通事故治療センター All Rights Reserved.