人身傷害特約・搭乗者傷害保険

交通事故に遭ってしまったら、まずは自身が加入している任意保険の内容について確認をしましょう。
人身傷害特約や、搭乗者傷害保険が付帯されている場合には、通院の回数や部位症状別に保険金を受け取ることができます。
治療費の心配なく安心して通院するためにも、これらの特約に入っておくと良いでしょう。
また、自身が加害者であった場合や、自損事故での保険利用で、任意保険の等級が下がってしまうのでは?と心配される患者さまがいらっしゃいます。
ですが、多くの場合、等級は変わりません。

ご心配な方は、受診時に保険証書を一緒にお持ちください。
交通事故専門スタッフが、患者さまの加入内容を拝見し、分かりやすくご説明いたします。

 

人身傷害特約とは

任意保険へ人身傷害特約を付帯していると、自分の車に搭乗中の自身や同乗者がケガをしたり、死亡したりしてしまった場合に補償を受けることができます。

自身が加害者である場合や、人ではなくものが対象の自損事故、相手が支払いを拒否している場合など、あらゆる場面で大きな助けとなります。

人身傷害特約を付帯していることで、相手と自分との過失割合が決定される前から必要な治療費を受け取ることができます。

身体に痛みを感じているのに、事故の手続きが進まず治療を行うことが出来ないといったケースもありますが、人身傷害特約への加入でこうした心配はなくなります。

あらかじめ定めた限度額まで治療費だけでなく休業損害などの逸失利益を受け取ることができるのも特徴です。

 

搭乗者傷害保険とは

任意保険に搭乗者傷害保険を付帯していると、自分の車に搭乗中の自身や同乗者がケガをしたり、死亡したりしてしまった場合に補償を受けることができます。

人身傷害特約では、治療費や休業損害など、実際にかかった金額を限度額まで受け取ることができるのにたいし、搭乗者傷害保険は、あらかじめ定められた金額を受け取ることとなります。

どちらも自身や同乗者を守るための特約ですが、ケガの度合いによっては搭乗者障害でカバーできないケースも多くあります。

交通事故での通院は、時間がかかることも多いですから、人身傷害特約の方がより安心して運転ができると言えるでしょう。

人身傷害特約であっても、限度額を超えた分については支払われませんので、いくらに設定をするのかは契約の際に慎重に考えましょう。

 

お問い合わせ・無料相談
Copyright(c) 2015 豊橋交通事故治療センター All Rights Reserved.